一般社団法人 子育てコーチング協会

関東

関東

高橋世志子(茨城県)

高橋世志子
氏名
高橋世志子
地域
茨城県
URL
http://ameblo.jp/se-shi-ru/
聞き方バッジ タイプ別バッジ 発達グレーゾーンバッジ
ママが笑顔になれば、家族が笑顔になる。
笑顔の家族がどんどん増えれば、世の中が笑顔にあふれる。
「ママは笑顔の発信基地」をモットーに、ママのこころがラクになる個別相談やコミュニケーション講座、住宅設計や整理収納の経験を活かした心地よい暮らしを手に入れるためのサポートをしています。
子どもが保育園に行っていたころ、私の心の中は、いつもイライラと不安と焦りでいっぱいでした。
でもその時は、なぜこんなにイライラしてしまうのか、自分で自分が分からず、怒りと後悔を繰り返す毎日でした。そんな私がイライラママから脱出できたきっかけは「コーチング」との出会いでした。
イライラや焦りの発生源は「子供にとって良き母でいたい」「子供にこんな風に育ってほしい」というママの想いだったりするのですね。その想いをもっとラクに受け止めて、もっとシンプルに子どもの可能性を伸ばす伝え方ができたらステキですよね。そんなことをコーチングを通して実践していくうちに、私も子どももいつの間にかラクにのびのびできるようになったのです。
その後コーチングを学び、聞き方や声掛けを変えることで、子どもが前向きになったり、表情がイキイキしたり、安心して胸の内を話してくれたりするのを目の当たりにしながら、コミュニケーションの奥深さと可能性を日々感じております。
「自分も子どもも幸せにしたい!」と願うたくさんのママに、子どものこころのコーチング協会インストラクターとして出会えることを楽しみにしています。子育てを通して一緒に成長する仲間になってもらえたらうれしいです!
茨城県つくば市在住 夫・義母・小学生の娘2人の5人家族
趣味はDIYです。

小松田 百余(こまつ(東京都)

小松田 百余(こまつ
氏名
小松田 百余(こまつ
地域
東京都
URL
http://ameblo.jp/kirakira-yukiduke/
聞き方バッジ タイプ別バッジ
わたしは、10年前にはじめて「お母さん」になりました。
お母さんになったら、「愛にあふれ、いつも優しくて温かい人になれる。」
そう、思っていました。でも、現実はまったく、ちがいました。
  • 子どもにイライラして、怒り出すと止められない
  • あとから後悔して、自分を責めてしまう
  • 子どもとのコミュニケーションが上手くいかない
  • 人と比べ、子育てに自信がもてずに不安でいっぱい
わたしは当時、保育士をしていましたが、自分の子育ては悩み・苦しみ・失敗の連続だったのです。

でもね、考えてみたら「わが子の育て方」は、だれからも教わっていないのです。
そもそも、だれも育てたことのない子を育てているんだから、だれも「正解」を知らないのです。
だから、試行錯誤もするし、分からなくて、できなくて、当たりまえだったのです。
「それなら、学びに行こう。」これが、わたしの最初の一歩。5年前のことです。

そこから、アドラー心理学の勇気づけをはじめ、カウンセリングやコーチングを学びました。
学びはじめたことで、子どもとの関係がよくなっただけでなく、夫や職場などの人間関係も楽になっていきました。

そして、何よりもよかったことは、自分のこころとの向き合い方が分かったことでした。

それまで、自分を責めたり、罪悪感を抱えたりしていたものを、許したり、ゆるめたりする中で
「ほんとうに大切にしたいものはなんだろう?そこに向かって、今できることは何だろう?」
未来を見つめて、今ここからできることを1つずつ積み上げていく生きかたに、少しずつ変えていくことができました。
子育ての悩みがきっかけとなり、学び、実践していくことで、人目ばかりを気にして生きづらかったわたしの人生も変化していきました。


そして、すてきな仲間と共に、インストラクターとして活動していくことにもつながりました。

もしも、あなたが今、子どもとのコミュニケーションが上手くいかず、自分を責めて苦しんでいたら、一緒に学んでみませんか?

幸せなママの向こうには、幸せな子どもの笑顔があるとわたしは思います。
引き継がれていく子育て。
わが子だけでなく、孫、その先の未来の子どもたちにもつながっていく笑顔の輪。
その輪が全国に広がっていきますように。
あなたにお会いできることを楽しみにしています。

小松田 百余(こまつだ ももよ)(東京都)

小松田 百余(こまつだ ももよ)
氏名
小松田 百余(こまつだ ももよ)
地域
東京都
URL
http://ameblo.jp/kirakira-yukiduke/
聞き方バッジ タイプ別バッジ
わたしは、10年前にはじめて「お母さん」になりました。
お母さんになったら、「愛にあふれ、いつも優しくて温かい人になれる。」
そう、思っていました。でも、現実はまったく、ちがいました。
  • 子どもにイライラして、怒り出すと止められない
  • あとから後悔して、自分を責めてしまう
  • 子どもとのコミュニケーションが上手くいかない
  • 人と比べ、子育てに自信がもてずに不安でいっぱい
わたしは当時、保育士をしていましたが、自分の子育ては悩み・苦しみ・失敗の連続だったのです。

でもね、考えてみたら「わが子の育て方」は、だれからも教わっていないのです。
そもそも、だれも育てたことのない子を育てているんだから、だれも「正解」を知らないのです。
だから、試行錯誤もするし、分からなくて、できなくて、当たりまえだったのです。
「それなら、学びに行こう。」これが、わたしの最初の一歩。5年前のことです。

そこから、アドラー心理学の勇気づけをはじめ、カウンセリングやコーチングを学びました。
学びはじめたことで、子どもとの関係がよくなっただけでなく、夫や職場などの人間関係も楽になっていきました。

そして、何よりもよかったことは、自分のこころとの向き合い方が分かったことでした。

それまで、自分を責めたり、罪悪感を抱えたりしていたものを、許したり、ゆるめたりする中で
「ほんとうに大切にしたいものはなんだろう?そこに向かって、今できることは何だろう?」
未来を見つめて、今ここからできることを1つずつ積み上げていく生きかたに、少しずつ変えていくことができました。
子育ての悩みがきっかけとなり、学び、実践していくことで、人目ばかりを気にして生きづらかったわたしの人生も変化していきました。


そして、すてきな仲間と共に、インストラクターとして活動していくことにもつながりました。

もしも、あなたが今、子どもとのコミュニケーションが上手くいかず、自分を責めて苦しんでいたら、一緒に学んでみませんか?

幸せなママの向こうには、幸せな子どもの笑顔があるとわたしは思います。
引き継がれていく子育て。
わが子だけでなく、孫、その先の未来の子どもたちにもつながっていく笑顔の輪。
その輪が全国に広がっていきますように。
あなたにお会いできることを楽しみにしています。

高橋世志子(茨城県)

高橋世志子
氏名
高橋世志子
地域
茨城県
URL
http://ameblo.jp/se-shi-ru/
発達グレーゾーンバッジ
ママが笑顔になれば、家族が笑顔になる。
笑顔の家族がどんどん増えれば、世の中が笑顔にあふれる。
「ママは笑顔の発信基地」をモットーに、ママのこころがラクになる個別相談やコミュニケーション講座、住宅設計や整理収納の経験を活かした心地よい暮らしを手に入れるためのサポートをしています。
子どもが保育園に行っていたころ、私の心の中は、いつもイライラと不安と焦りでいっぱいでした。
でもその時は、なぜこんなにイライラしてしまうのか、自分で自分が分からず、怒りと後悔を繰り返す毎日でした。そんな私がイライラママから脱出できたきっかけは「コーチング」との出会いでした。
イライラや焦りの発生源は「子供にとって良き母でいたい」「子供にこんな風に育ってほしい」というママの想いだったりするのですね。その想いをもっとラクに受け止めて、もっとシンプルに子どもの可能性を伸ばす伝え方ができたらステキですよね。そんなことをコーチングを通して実践していくうちに、私も子どももいつの間にかラクにのびのびできるようになったのです。
その後コーチングを学び、聞き方や声掛けを変えることで、子どもが前向きになったり、表情がイキイキしたり、安心して胸の内を話してくれたりするのを目の当たりにしながら、コミュニケーションの奥深さと可能性を日々感じております。
「自分も子どもも幸せにしたい!」と願うたくさんのママに、子どものこころのコーチング協会インストラクターとして出会えることを楽しみにしています。子育てを通して一緒に成長する仲間になってもらえたらうれしいです!
茨城県つくば市在住 夫・義母・小学生の娘2人の5人家族
趣味はDIYです。

小松田 百余(こまつだ ももよ)(東京都)

小松田 百余(こまつだ ももよ)
氏名
小松田 百余(こまつだ ももよ)
地域
東京都
URL
http://ameblo.jp/kirakira-yukiduke/
わたしは、10年前にはじめて「お母さん」になりました。
お母さんになったら、「愛にあふれ、いつも優しくて温かい人になれる。」
そう、思っていました。でも、現実はまったく、ちがいました。
  • 子どもにイライラして、怒り出すと止められない
  • あとから後悔して、自分を責めてしまう
  • 子どもとのコミュニケーションが上手くいかない
  • 人と比べ、子育てに自信がもてずに不安でいっぱい
わたしは当時、保育士をしていましたが、自分の子育ては悩み・苦しみ・失敗の連続だったのです。

でもね、考えてみたら「わが子の育て方」は、だれからも教わっていないのです。
そもそも、だれも育てたことのない子を育てているんだから、だれも「正解」を知らないのです。
だから、試行錯誤もするし、分からなくて、できなくて、当たりまえだったのです。
「それなら、学びに行こう。」これが、わたしの最初の一歩。5年前のことです。

そこから、アドラー心理学の勇気づけをはじめ、カウンセリングやコーチングを学びました。
学びはじめたことで、子どもとの関係がよくなっただけでなく、夫や職場などの人間関係も楽になっていきました。

そして、何よりもよかったことは、自分のこころとの向き合い方が分かったことでした。

それまで、自分を責めたり、罪悪感を抱えたりしていたものを、許したり、ゆるめたりする中で
「ほんとうに大切にしたいものはなんだろう?そこに向かって、今できることは何だろう?」
未来を見つめて、今ここからできることを1つずつ積み上げていく生きかたに、少しずつ変えていくことができました。
子育ての悩みがきっかけとなり、学び、実践していくことで、人目ばかりを気にして生きづらかったわたしの人生も変化していきました。


そして、すてきな仲間と共に、インストラクターとして活動していくことにもつながりました。

もしも、あなたが今、子どもとのコミュニケーションが上手くいかず、自分を責めて苦しんでいたら、一緒に学んでみませんか?

幸せなママの向こうには、幸せな子どもの笑顔があるとわたしは思います。
引き継がれていく子育て。
わが子だけでなく、孫、その先の未来の子どもたちにもつながっていく笑顔の輪。
その輪が全国に広がっていきますように。
あなたにお会いできることを楽しみにしています。